図書館

LIBRARY
メインフロア
アクティブフロア
サイレントフロア
メインフロア
アクティブフロア
サイレントフロア

それぞれ特徴をもつ3 層構成による快適で居心地の良い知的空間

図書館は、キャンパスの特徴を活かした3 層構成になっています。
アトリウムを抜けリストプラザ上にかかるブリッジを渡ると、すぐそこが図書館入口です。中に入ると総合受付カウンターが設置されたメインフロア(1階)があり、吹き抜け階段添いにある大壁面書架を経由して上階にあがると、豊富なAV 資料を中心としたサイレントフロア(2階)が、下に降りるとプラザに面したオープンな雰囲気のラーニングコモンズとグループ学修室によるアクティブフロア(B1階)が現れます。計約30万点の知的好奇心をくすぐる日本有数の所蔵音楽資料は、ICT 技術を使ったシステムにより、いつでも利用することができます。

パノラマ写真でご紹介

録音スタジオ

RECORDING STUDIO

充実の設備・仕様でプロユースにも対応

四重奏程度の編成までの録音が可能な広さをもつ録音スタジオは、遮音性能が極限まで高められ、プロユースにも耐えられる静けさを実現しています。またコントロールルームには音声編集が可能なさまざまの機材を取り揃えており、音響機器の操作方法に関する授業の他、ケースによってはオーディション応募用の録音にも使用されます。

楽器ミュージアム

MUSEUM OF MUSICAL INSTRUMENTS

2018 年開館予定

洗練されたデザインによる日本最大の楽器コレクション展示

2018年、日本最大の楽器コレクションが再び江古田に集結し、「楽器ミュージアム」と名称を変え大学と社会をつなぐ窓口となります。ナポレオンⅢ世や、クララ・シューマンが所有していたピアノをはじめとする歴史的鍵盤楽器類はもちろん、ヴァイオリンの名器群や木管楽器の体系的コレクションなどの西洋クラシック楽器の数々のほか、わが国が誇る邦楽器の名品コレクション、世界各地の民族楽器を、デザインが異なる4ゾーンに分け、これらがもつ魅力を最大限に引き出すように美しく、かつわかりやすく展示します。また展示動線も学生・研究者に配慮した大学附属のミュージアムとして工夫されており、一般的な一筆書き型ではなく、中央の円形ホールから目的の各展示ゾーンに最小距離でアプローチが可能です。洗練されたインテリアデザインの館内からは、ガラス越しにリストプラザを見渡すことができます。

キャンパスレストラン“Intermezzo”

キャンパスの賑わいを感じることのできる
有名レストラン運営のカフェテリア

有名レストラン「銀座スエヒロ」が運営を手掛ける、リストプラザに面して自然光を取り入れた開放的なレストランです。カフェテリア形式で多彩なメニューを提供し、天気のよい日には屋外でも食事をしながら、四季の変化やキャンパスの賑わいを感じることができます。北側の壁面には、イギリスの著名な作家ケリー・レモン氏による斬新なデザインのイラストが描かれています。

パノラマ写真でご紹介

ヤマハ銀座店武蔵野音大ショップ

ゆったりと買い物を楽しめる広いスペースのショップ

エントランスホールから東の建物に入ってすぐの学生ロビーに接したヤマハのショップは、ゆったりとくつろぎながら買い物を楽しめるよう、約100平方メートルというスペースを有しています。従来通りの楽譜を中心とした音楽ソフト商材に加え、楽器付属関連商品を充実させ、また学生が日常で必要とするような一般雑貨商品も可能な範囲で提供します。

パノラマ写真でご紹介